反転

備考

ぽっぷの2018年のベスト盤


f:id:dodspop:20181230211604j:image

ようやく?今年中に買いたいレコードを買い終えた感じがするので、腰を上げます。

ただ、2018年に発売のものとは限らないので、そこはご了承ください。

買った枚数はアナログレコードだけでサイズ問わず30枚くらい?家族で買ったのは合計いくつだろ…わからんです。聞いてたレコードはインスタとかで#popvinyltimeと検索したらすぐ出てくると思います〜。

CDだと10枚も買ってない。

ダウンロード販売のものにも手を出した。

スポティファイ生活も日々進んでいます。

だからどれにも満遍なくつっこんだ気がします。…あ、ちがう、今年はカセット買ってない!

会社の人に借りたCDは半年足らずで20枚くらいかなぁ。手つかずだったジャンルをたくさん聴けてよかった。

そして、夫がゲーマーみたいなもんなので、家でも、仕事中?息抜き?に、ゲーム音楽はよく聴きました。

それが自分にニンテンドースイッチを買わせるきっかけになったような気もします。今や再び音楽でさえ作っているのでおかしなもんです。元々ゲームなんて買うタイプではありませんでした。おそらくそれは育ちのせいかもしれないですが…。

でも、ゲーム自体は好きだったし、ゲームボーイチップチューンをやろうと思ったきっかけもある。下手の横好きでもいいと割り切れるようになったから。

長々話してしまった。

だけど、それがバンド脱退の理由ではない。

4人で話し合って決めたことで、声明に上げたことが全てです。

変な憶測をしている人がいるとしたら、そんなことをする人のことは信用しないし、近づかないでほしい。

それにおとぼけビ〜バ〜は現在形が最高なのを忘れないでほしいし、体感しているのはライブや音楽を聴いてくださっている皆様です。

 

脱線してしまったな、すみません…。

で、ようやく本題に移ります。長いー

 


f:id:dodspop:20181230215738j:image

MOURN // Barcelona City Tour - YouTube

今年一番聴いたアルバムでベスト盤、

Mournの 『Sorpresa Familia』の表題曲

『Barcelona City Tour』です。

スペインはバルセロナで活動する平均19歳とかのバンドで、Captured Trackからリリースしています。バンドメンバーはドラムのアントニオ以外は女の子で、ボーカルギターとベースが姉妹だったかな。

発売をこんなに楽しみに待っていたのも初めてだったし、自分を奮い立たせるために何度も聴きました。

10月、オランダに新婚旅行に行ったとき、ちょうどライブツアーがあって、ちょうどアムステルダムにもライブ予定が入っていました。さらには宿から徒歩ですぐのところだったのもあり、観に行きました。

それがほんっとうに良かった。一時間きっかりのワンマンショーで、みんな楽しそうに、なおかつ技術も確かで。

しかもそもそもオランダはダンスミュージックの国なのか、バンドを見に来る人が意外と少ないんですよ。

それでも、どこに行っても変わらないプレイをするっていうのがまざまざと感じられた。こんなに清々しい気持ちで、すぐ物販に行ってTシャツを買うことはなかったです。そのハッピーな気持ちが年末まで持続するのは本当にすごいです。

日本には一度、ファーストアルバムが出たときに来ています。確か新代田だったかな。

また日本のブッカーの人が機会を作ってきてもらえるようにしたいです。お寿司が大好きな子たちでもあるので。

 

んで、もう一つ。

アンジュルム - 『大器晩成』The Girls Live - YouTube

もう3年前の曲になるのだけど、アンジュルムの『大器晩成』という曲です。

買わずにレンタルなので写真はなしです。YouTubeのリンクがPVじゃないのは、現メンバーを見せるべきだと判断したからです。

11月の頭に友達の強いオタクに誘われて、アンジュルムの『タデ食う虫もLike it!/46億年LOVE』発売のインストアライブと握手会に行ってから、すっかりはまり、音源を模索しているのですが、この曲が凄すぎて聴くたびに涙をこぼしています。

元々アンジュルムは、スマイレージから改名するまで壮絶な過去や理不尽なことが重なりまくりのグループでした。そして改名後に発売したシングルだからこそ沁みるのもある。だけどそれにしても、現代に向けているメッセージ性の強さが半端なさすぎて。

" 大器晩成 もう こんなご時世 もう"

要するに年功序列ってやつ。

"だからMyself 今 叶えたい"

この部分が逆説的で、なおかつ、破壊しにかかっているのが本当にすごい。

本人たちのことを言っているにしても、すごく現代的な考えで、素晴らしい歌詞です。

曲調もファンクで、人によってはモーニング娘。恋愛レボリューション21ぽいと思う人もいるかもしれないですね。だけど、今のハロプロはほとんどつんく♂さんが関与していないし、聴き込むと別物なのがわかると思います。というわけで、私の中ではアイドルソングの中でもかなり別格の部類にあります。

推しですか?一応佐々木莉佳子ちゃんです。よろしくお願いします。

 

そんな感じかなぁ。

しかし今年は音楽的トピックでも周年を迎える方が多かったし、バンドやユニットの解散が相次ぎました。個人的にも原点回帰してなおかつ新しいところに踏み入れる年でもありました。

しかし、結構なひどいことが普通の事のように日本の社会には受け入れられているのだろうとこの年になって思いました。

根拠やいきさつを探るとだいぶひどい背景があったりすることが大半なので、知るたび、ただただ、唖然とするのですが…。

打破できなくて視界にいれなかったり、別のことを見つめることで安堵できることも多いです。だけどそれが、根本的解決にはならないのは確かです。なので来年は一つでも多くのことについて解決策を提案できる年にできたらなぁ、と思います。

めちゃくちゃ抽象的ですが(笑)

 

具体的に来年の目標は、

*Loveletter vol.4を成功させる

*曲を増やす

*タイかベトナムに行く

*語学の勉強にもっと力を入れる

*断捨離と必要なものの明確化と購入

です。

 

では、今年もありがとうございました。


f:id:dodspop:20181231005924j:image

 

 

 

終わっていく過去

f:id:dodspop:20181226181438j:plain

 

私は平成二年生まれなので、昭和の時代を体感したことがない、平成初期の状態なんて幼少期なのでほとんど記憶がない。

そういうことに関しては何にしても人から教えてもらうことが多いし、自分で調べて知識を得たとしても足りない部分は多い。

文化に関しては、私は本当にオリーブガールになりたかった。

オザケンのことはそこまで好きではないけれど(笑)でも、オリーブガールにはあこがれる要素がたくさんあるのだ。

サブカルっていう言葉は便利かもしれないけど、当時の人にとってもやっぱり違和感を覚える言葉だったのかもしれないと強く考える。

結局は自分にとってのメインカルチャーなのだから。そのうえいろんな要素が混じっていたのがミソである。

何かのコラムで、ようやくカウンターにあるものをメインカルチャーとして発信していける時代になった、と書いてあった。

だけれど、この先も、ずっとその周辺をきらめくように生きていた人々に対して羨望のまなざしで見つめることだろう。

でもそう思うようになったのは、いったいいつからだろうと考えたら、やっぱりきっかけがaikoだった。恥ずかしいけれど。

 

 

とにかく私は恵まれた時代を生きている、と思う。

長い間鉄壁を作ってきた、典型的な体育会系のような考え方がちゃんとバッシングされるようになった。きっと、そのうちその時代も終わる。

だけど、私は真っ向からぶつかって傷ついて強くなる文化をなるべく避けるようにして、そこそこの頭を使って生きてきた。

でも、いろんなことを感じやすくなり、心身ともにとてつもなく打たれ弱い人間になってしまったとも思う。そこを突いて来る人もいる。

そう思うのはきっと大多数がそういった意味で力の強い人々だと思っているからかもしれない。

体に合わないので、適度に媚びることも通ってこなかった。というよりかは、それほど他人のことを安易に信じられるようにできていないのかもしれない。

状況は違えど、新しい風は吹けども、だれしも、きっと不安を抱えたまま前へ進もうとしている。できるだけ、大丈夫を言い合いながら、支えあって生きていきたいものだ。

 

買い物の帰り道、自転車に乗った4人のこどもたちとすれ違った。

「〇〇、元気ないけどどしたん?全然喋らへんし」

「せやで~どしたん、ほんとに心配やで」

もうね、本当に最高だなぁと思った。ダイレクトに意見を言って返事がしあえることは、いつまでも忘れてはいけない。

 

 

 

 

 

 

<PR>

☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆

累計700万人が利用しているポイントサイト!
タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実★
貯めたポイントはAmazonギフトやiTunesギフト、
Webmoney、現金等に交換できちゃう♪

なんと、モッピーを通じて
\月間50万円以上/獲得している方も♪

簡単1分 無料会員登録しよう♪
http://pc.moppy.jp/entry/invite.php?invite=wFTLe1af

登録が完了したら、メールが届くよ!
メール内記載のURLにアクセスしてみよう♪

あなたにオススメの広告が表示されるよ!
表示されただけでなんと、10ポイントGET♪

他にもアプリダウンロードや無料会員登録をするだけで
どんどんポイントが貯まっちゃいます!!

さらにあなたのタイプに合わせてお小遣いを貯めよう♪

▼▼▼ 遊びながらで貯めたい方必見 ▼▼▼

\完全無料/毎日見るだけ♪遊ぶだけ♪
PCでもスマートフォンでも参加OK!
タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実!

▼▼▼ ショッピングで貯めたい方必見 ▼▼▼

\ショッピングページがリニューアルOPEN/

ネットショッピングするだけでポイント貯まる♪
最大50%OFF!人気のショップも充実!
今だけ限定キャンペーンも実施中★

▼ 簡単1分 無料会員登録 ▼
http://pc.moppy.jp/entry/invite.php?invite=wFTLe1af

★★ 貯めたポイントを交換しよう ★★

モッピーは1P=1円であらゆる交換先に対応!

貯めたポイントは
現金や電子マネー、ギフト券に交換できちゃうよ♪

【現金】
全ての金融機関を取り扱っています!

電子マネー
nanacoポイント、楽天EdyWebMoneyWAONポイント

【ギフト券】
iTunesギフトコード、Amazonギフト券Vプリカなどなど

>>さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう☆<<
http://pc.moppy.jp/entry/invite.php?invite=wFTLe1af

オルタナティブ

先週金曜は梅田シャングリラでスカートのワンマンライブがあった。

定時で上がれば余裕で開場前に到着して早い整理番号の優越感を楽しめたのだけど、よりによって大事な話し合いが。

それが18時過ぎに終わり、会社から人混みの中ひたすら走って20分弱、開場2分前に息を荒らげながら到着。東京からお越しのスカートギャルとともに入場。

荷物をロッカーに収め、急遽決まったらしいカクバリズム社長の角張渉さんのDJを楽しみながら開演を待つ。

なんやかんやかんやで彼のDJを見るのは久しぶりだったな、昔はよく見に行っていたな、とふつふつ思い出しながら談笑をし、ライブが始まった。

ベース担当が、前任の清水さんから変わり、岩崎さんが入って見るのは何度目だろう。でも見るたびにめきめきものにし、あたかも昔からいたような感覚にもなるから本当にすごい。

おととい歌詞が出来上がったという新曲もすごくよいし、往年の曲たちもやっぱりいいので、またこれはライブに行ってしまうな〜と思ったのでした。

ただ、ガールや3と33、セブンスターみたいなアップテンポナンバーがここ数年なくて、既存曲のルーチンになってしまう感があるので、いつかぽんとそういう新曲が出てきたら新鮮味が出るのかしら、とも思ったり。

ロックに近いし、衝動で作るっていう感覚にも近いので、作りにくいのかなー。むーん

1/12の澤部さんソロ磔磔はいきます。

優介さんのソロプロもすごく楽しみ。

 

個人的にはやることが跳び箱みたいに積み上がってて、ポーンと上を飛んで着地したい気持ちもありますが、丁寧に、丁寧に。

 

 

デザイン?

今の会社に入ったのは昨年の夏のこと。毎日なんやかんやどったばたで忙しい。

基礎体力が一般よりだいぶ低い私なので、毎日悲しい。が、やりがいはあるし、色々と楽しいことを考えながら、なんとか。(泣)

 

んで、そう!イームズのエレファント、チャイルドチェアの赤が会社のサポートルームの前にあるんですが、初めて見たとき一人で大興奮したんです。

もちろん誰にも通じないので、一人で(再)

すでにもう誰一人通じてないかもですが…。

大好きな100%ORANGEがパッケージ用の箱のデザインを担当したもの。
f:id:dodspop:20181209234958j:image

ただ、箱の実物はまだ見たことがなく、なんとなーくもどかしい。捨てられたら悲しいので、それなら倉庫にいつでも回収しに行く気持ちでいます。

生涯の研究テーマ大先生ディックブルーナにしろ、100%ORANGEにしろ、老若男女無差別級のデザインが可愛いしかっこいいし、大好きで尊敬しているんです。


f:id:dodspop:20181210001242j:image

なので、ファッションもおのずと自分の外見属性に限らずに、基本的にメンズコーナーもチャイルドコーナーも見るようにしています。

むしろレディースを見ないときもあるくらい、というと混乱をまねきそうなんですが、自分の外見属性の等身大にうまくなじめないでいます。

子供服でむちゃくちゃ型のいいスカートがあるのに、レディースに行ってみたら同じのがない、とか、きりがないくらいあって。この十数年ずっともどかしいです。

あと、体型が小なのもあるけれど、メンズの服が可愛いと思ってもでかすぎて着れない、とか。

レディースものを物色していると、かっわい!着てみたいけど、心には全然合わないから拒否しちゃう、むしろあの友達に着せてみたい!とか。

安くても銭失いになっちゃうよなー、とか。

今日昼に行った近所の韓国料理屋で、4歳くらいの子がすっごくかわいい、巻きジャンバースカートを着ていたんです。

それを見て、レディースになった途端にこういう可愛い服極端に少なくなるよなぁ、と思ったのです。

でも、周りとの感覚との差異だったり、社会性の濃淡も関連するのかなぁ…。メルヘンって言われるし…でも実生活リアリストよ…?

 

なんでもないことを言ってしまった。


f:id:dodspop:20181210001724j:image

セブンイレブンに売ってる糸ようじも細かいニーズがあるんだなぁーと、つい写真を撮ってしまった。こんな風に細かく対応できるのもやっぱり大手だなぁと思った瞬間でした。

 

 

元気ではない

スカート澤部渡さんが31歳になり、はてなダイアリーからはてなブログに移行された記念に私も更新をしてみます。

 

今日は信じられないくらい調子が悪くて、朝からずっと泣きっぱなしで止まらないし、体もうまく動かないし、ぼーっとすると良くないことが頭を巡るし、何か考えても良くない方向に展開をもってく妄想が働くしで最悪です。各所迷惑かけまくりで辛い…。

なのでこの更新も、なんとか気を紛らわせるためにやってます。

そう、言うのを忘れていたのですが、自分のホームページを立ち上げて、生まれて初めてドメイン取得をしました。15年越しの夢がかなった~。

www.hi-i-am-pop.com

どうぞよろしくお願いします。

個人で今まで作ってきた音源なども紹介しておりますのでよければどうぞ。

 

んで、2年ぶり?もう3年ぶり?にLoveletterを再始動させることにしました。

過去のLoveletterに関しては↓で

www.loveletterfmpop.tumblr.com

今回はイレギュラーでトークショーaikoについて話します。

ゲストに田中宗一郎さん(タナソー)、坂本夏歩ちゃん(おえちゃん)をお迎えしています。

東京1月18日夜と、大阪1月26日昼です。2か所開催も初めてだー。

f:id:dodspop:20181206202105j:plain

20190118&26 loveletter vol.4

って書いているとただただ宣伝している感じが否めないので、最近のことを書いてみようか~。

 

 

10月

 

坂本慎太郎さんのライブ@味園に行きました。DJ陣が昔お世話になった人だったのでうれしかった。お世話になった人が坂本大先生の身内だから恐ろしいとも思いますが…。

f:id:dodspop:20181206213502j:plain

キングジョーさんと安田謙一さん

久しぶりによよよしえに会ったり(ライブ後は目がうるうるしてたし完全に乙女の目をしていた)、久しぶりの顔ぶれにも遭遇したりでした。みんなが元気なら私もうれしい。

肝心なライブは後ろでゆらゆらしながら見てたんですが、雰囲気、客含め最高な空間でした。あなたもロボットになれるはぶちあがったな~。

 

その次の日から末くらいまでハネムーンに行ってました。

f:id:dodspop:20181206212843j:plain

f:id:dodspop:20181206213923j:plain

f:id:dodspop:20181206214007j:plain

f:id:dodspop:20181206214128j:plain

f:id:dodspop:20181206214237j:plain

オランダは夫婦ともども思い思いに思う存分楽しみました。

宿が美術館地区にめちゃくちゃ近かったのでとにかく美術館にたくさん行った。

f:id:dodspop:20181206210738j:plain

私はうさこ(miffy)にいったいいくら使ったんだろうか…。

f:id:dodspop:20181206210825j:plain

f:id:dodspop:20181206215135j:plain

しかしながら、オランダは本当に芸術の国だと思いました。ごちゃごちゃしていないし、商業的に芸術を使うことはあっても金のかかる広告に使わないって感じが、あるべき姿な気がしました。駅にほとんど広告がなくて、その代わり壁画がいっぱいあるっていうのは本当に大きい。

f:id:dodspop:20181206210859j:plain

Amsterdam Dance Eventもすごくよかった。

浮くこともなく、しっかりと溶け込んでいるというか、ダンスミュージックが生まれた場所でやっぱり根付いているっていうのが本当に羨ましい。

たくさんイベントがある中で、私はオールナイトでBonoboとKiNKSを見て、

次の日はAphex Twinアンビエントアルバムを超いいスピーカーで聴くイベントに参加しました。

f:id:dodspop:20181206210304j:plain

大好きなバンドMOURNのライブもアムステルダムで見ました。宿から徒歩5分のライブハウスでやってました。人もむちゃくちゃ少ないし、ワンマンだし、奇跡みたいだったな…。数日後のインスタで寿司を食べているメンバーの姿を見れたのもうれしかった。また絶対日本に来てね。

f:id:dodspop:20181206210225j:plain

あ、あと、ユトレヒトで食べた生ガキがほんっっっとにおいしかった。

そしてジャガイモ文化の国なのでひたすら天国でしたね。

どこに行ってもフリットがありました。

f:id:dodspop:20181206213556j:plain

f:id:dodspop:20181206215522j:plain

うん、オランダはいつかは絶対に住みたい、

オランダ語を勉強してでも、と思えるような場所でした。

 

f:id:dodspop:20181206212432j:plain

f:id:dodspop:20181206213718j:plain

スペインはバルセロナへ。

MOURNを見た次の日に彼女らの活動拠点地に来てるの笑える。

基本的にガウディの建築物(サグラダ含め)やキリスト教会、バルを回りました。

ピカソ美術館も行った。


ホテルの部屋からカサ・ミラが見えていたのが面白かったな。f:id:dodspop:20181206212213j:plain

f:id:dodspop:20181206212312j:plainf:id:dodspop:20181206212610j:plain

食い物がどれもおいしかったんだ~。

あとベジョータしかないんかなってくらいベジョータ食べました。生ハム。

あと夫の希望でカンプノウFCバルセロナの試合へ。

メッシは骨折で出場せずだったけれど、それでもサポーターや試合の盛り上がりはすごいしでかいし、迫力がありました。10万人収容はすごすぎる。

f:id:dodspop:20181206212003j:plain

スペインはバルセロナにしか行けなかったので今後はマドリッドも、お隣のポルトガルも行きたい。

 

体力がなくなってきたので11月はまた今度書こう~。

 

 

 

 

 

 

 

恋愛

この数ヶ月で、私に久々に出くわして声を震えさせてしまった人が何人かいる。

その時の自分は何も考えてないから単純に会えて嬉しかったのだけど。

その時の相手はきっと、色んな過去や思い入れが、その人の中にいる私自身とともにある。戸惑いながらも、頑張って喋ってくれたんだろう。

 

よりを戻したいと遠回しに言われたことがある。元カレ二人共そうだった。

なんというか、情けなくなる。

その人の、都合のいいようにしたいという気持ちが全開に見えている気がするからだ。

正直言うと、次に乗り換える人を見定めて別れを切り出す人もあまり好きではない。

私はそんな相手の弱さを受け入れられるような器がない。

それに、自分が目の前にいる状態で、知らないうちに、知られないように手順を踏んで、相手が自分以外の横道にそれている瞬間があるのが信じられないのかもしれない。

 

 

 

 

 

王子様をぶっ倒せ

アマゾンプライム少女革命ウテナ全話が公開されたのを機にしっかり観た。

ビジュアルだけで、百合の話なのか?と思いこんでいた自分がものすごく情けなくなった。全世界の人に謝りたい気持ちになった。だけど、自分に改めて勇気を与えた大事な作品になった。もっと早いうちに見ておけばよかったな…。

革命少女ウテナではなく、少女革命ウテナってのが本当にみそだと思う。

見終えたあとで、山田玲司ヤングサンデーを初めて観た。

そこで『ディズニーランドは王子様とお姫様の国だ、少女革命ウテナでは白馬の王子様をぶっ殺している話だ』と言っていた。

私はディズニーランドが昔から本当に大嫌いで、それが最も腑に落ちた瞬間だった。

どんなに自立している人でも、「王子様ないしお姫様がいる、現れる」と思って現状維持して生きている人もいると思う。

夢を持つのは構わない、上昇志向があるのもいいことだ。むしろ私はそういう思考が元からある人がすごく羨ましかった。ただそれは、一般の輪に入れなかった悔しさだったのかもしれない。

でも一方、それはとても抽象的で乱暴なことだとも気づく日が来る。

実際に気づいていても見ないふりをする、それが少女革命ウテナの中での柩だったように思う。

上昇志向と、向き合って前に進むは、違うことだし、勇気の有無も明らかに違うのだから。

理想と現実のギャップに向き合う話として、本当に完璧だと改めて感じた。